ホームお知らせ・行事当山について建物・境内納骨堂お守りアクセス・問合せリンク

当山について



 慶長の頃(1596~1615)、現在当院が位置している付近の岩穴に十一面観音様が祀ってあり、近隣の人々により「石原観音」と呼ばれ、信仰されていました。その後、天保年間(1830~1844)にその観音様の霊験に動かされた行者が当地に観音堂を建立、観音様を移遷し、粕屋郡中三十三観音霊場の第二十四番札所となりました。

 また、遍照院はその昔、福岡市博多区の博多祇園山笠が行われる櫛田神社の境内に『神宮寺 遍照院』という名称で存在していましたが、明治の神仏分離令により櫛田神社を出ることとなり、弘法大師空海が開いた博多東長寺を経て、明治33年に本尊であった庚申尊天(現在福岡県の重要文化財)と共に篠栗町上町の当地に移され、もともとあった観音堂に合祀され、篠栗四国霊場第六十二番札所 真言宗遍照院として発足しました。

 御本尊である十一面観音様は安産の霊験で知られており、他にも病気を治すといわれる病立切(やまいたちきり)地蔵、商売の神様である出世大黒天、11mの修行大師像、やすらぎ地蔵、聖観世音菩薩像などがあります。